入れ歯、ブリッヂにかわり歯科医で薦められるようになってきたインプラント、従来の治療との違いを比較するサイト『インプラント徹底比較』
入れ歯、ブリッヂにかわり歯科医で薦められるようになってきたインプラント、従来の治療との違いを比較するサイト『インプラント徹底比較』


歯を失った場合の治療法には、一般的に入れ歯、ブリッジ、インプラントの
3つの方法があり、それぞれ特徴があります。
入れ歯は歯を削らずにすみ治癒期間も短く、比較的お手軽な治療法ですが、
手軽さの反面、違和感があり思い通りに噛めない、見た目が良くないなど、
不自由さを感じるかたもいます。
ブリッヂは異物感、違和感が少なく、入れ歯のように外れてしまうことはありませんが、
失った歯の両隣の歯で支えるため、健康な歯であっても削ることになります。
そこで従来の治療法にかわる技術として最近注目されてきたのがインプラントです。
インプラントは自分の歯と大変によく似た構造をしていて、
天然歯並みの咀嚼能力を取り戻せ、審美的ににも大変美しい仕上がりとなり、
第三の歯、とも呼ばれています。

当サイトではそれぞれの治療法を比較しておりますので、
これからいずれかの治療を歯科医で、と考えていらっしゃるかたにとって、
少しでもお役に立てるようであれば幸いです。


すまいる歯科のインプラント治療
http://www.smile-shika.jp/
岡崎市と豊田市の境に位置する歯科医院。
インプラントのことなら何でもご相談ください。
愛知県岡崎市北野町一番訳33-1
ご予約・お問合せ:0564-33-3222

インプラントとは

歯を無くしてしまった所にチタンという金属でできた人工歯根を埋め込み、 その上に人工の歯をはめ込む、自分の歯に近い感覚を得られる治療法です。

ブリッヂとは

両隣の健康な歯を削って利用し、ブリッジのように支えて人工の歯をかぶせます。 噛む際に、削られた両隣の歯に負担がかかりやすいです。

入れ歯とは

入れ歯とは、歯茎全体に被せる人工の歯のことです。 ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応でます。

健康な歯はそのまま

インプラントを支えるのは顎の骨ですので、健康な歯に負担をかけることはありません。 他の歯を利用しないため、残っている自分の歯はそのまま保てます。

噛む力

ブリッヂで入れた部分の歯根のない歯茎は噛むことによる刺激がないため、次第に痩せてしまいます。

審美性

入れ歯を固定するバネが見える、など見た目(審美性)がよくない場合があります。