入れ歯、ブリッヂにかわり歯科医で薦められるようになってきたインプラント、従来の治療との違いを比較するサイト『インプラント徹底比較』

●●●入れ歯との比較●●●

【入れ歯とは】

入れ歯とは、歯茎全体に被せる人工の歯のことです。
ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応でますが、
しっかり固定されるわけではなく歯茎に乗せるだけなので、
入れ歯がぐらついたり、ずれたりし、硬いものは噛めません。
噛む力が弱くなって顎が痩せてしまい、年老いて見えてしまいます。
また、空気がもれることで発音がうまくできない場合があります。

部分入れ歯の場合でも取り外し可能なので、両隣の健康な歯は削らずに済みますが、
バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、両隣の歯に負担がかかります。

【違和感】

ガタつきがあったり、留め金が気になったりして、口の中に違和感を感じやすいです。
インプラント治療はほとんどの場合完全固定式の為、お口の中でガタついたり
急に外れたりする心配はありません。

【審美性】

入れ歯を固定するバネが見える、など見た目(審美性)がよくない場合があります。
インプラントですと、骨の中に埋め込んだインプラントに直接接着剤やネジで止めるので、 入れ歯のような金属バネは使うことはありません。
ですから金属のバネが見えて見栄えが良くない、などということは起こりません。


【口内衛生】

入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいです。
インプラントなら隙間が出来ませんので、清潔に保つことができます。

【隣接する歯】

部分入れ歯の場合はバネで支えているため、隣の歯への負担が大きいです。
そのため、健康な歯の寿命も縮めてしまうことになります。
インプラントなら顎の骨で支えるので、健康な歯はそのまま使うことが出来ます。

【噛む力】

入れ歯ですと歯茎で支えることになりますので、強く噛むことは困難になります。
入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まると痛みを感じるため噛む力が減退し、
固い物を噛むのに苦労する場合があります。
その点インプラントでしたら、自然の歯と同じく顎の骨に固定されているため、
もともとあったご自身の歯のように噛むことができます。

【お手入れ】

入れ歯は取り外して手入れをする必要があり、けっこう大変です。
丁寧に掃除をしないと金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、
不衛生になり虫歯や口臭の原因とります。
インプラントは歯磨きなど本来の歯と同様の扱いができ、
歯科医による数ヶ月ごとの定期検診を行うだけで半永久的に使用可能です。