入れ歯、ブリッヂにかわり歯科医で薦められるようになってきたインプラント、従来の治療との違いを比較するサイト『インプラント徹底比較』

●●●ブリッヂと比較●●●

【ブリッヂとは】

隣の健康な歯を削って利用し、ブリッジのように支えて人工の歯をかぶせます。
噛む際に、削られた両隣の歯に負担がかかりやすいのが難点です。
隙間ができるため、空気がもれて発音が困難になることもあります。
入れ歯、部分入れ歯に比べれば安定しています。

【違和感】

固定式なので入れ歯ほどの違和感はありませんが、噛む時に力がかかるのは

両隣の歯になるため、本来の歯に比べるとやはりあります。
ブリッヂの下の部分には隙間ができてしまうため、そこに違和感を感じる人もいます。

インプラントですと歯を生やすような治療になるため、違和感、異物感など
感じることはほとんどなく、しばらくすれば自分の歯と錯覚してしまいます 。


【審美性】

入れ歯に比べると天然の歯と変わらない審美的な修復が可能ですが、
複数の歯にまたいで取り付けるため、多少の違和感はあります。
審美性を追求すると隣接する歯をたくさん削らなくてはならず、
神経に近いところまで削るとブリッジを入れてから歯がしみる、という場合もあります。

【口内衛生】

ブリッジの橋の部分と歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になります。
ブリッジの下にはわずかな隙間があるのですが、インプラントは天然歯と同様
下に隙間はありません。ですから食べカスが隙間に入り込むことはありません。

【隣接する歯】

ブリッジは歯がなくなってしまったところの近くの健康な歯を削り、

一緒に人工の歯を被せるのですが、支台同士の平行性を確保する必要があるため、
歯質の削除量が大きくなることがあります。
その場合、歯科医の判断によりあらかじめ歯の神経を取る治療が必要になることもあります。
支えになる歯には大きな負担がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合があります。

インプラントですと隣の歯など全く手をつけず、歯を失った部分だけ治療できるため、
両隣の健康な歯はそのまま残せ、インプラントを入れたことによる劣化もありません。

【噛む力】

ブリッヂを入れた部分の歯根のない歯茎は噛むことによる刺激がないため、
次第に痩せていってしまいます。
部分的にしか使わないことにより顎の骨も痩せ、歯並びが悪くなることもあります。

入れ歯よりも強く噛むことが出来るブリッヂですが、それでも健康だった頃の

半分ほどの力でしか噛めない、といわれています。
インプラントの場合、歯を支えるのは顎の骨になりますので、

健康な歯と同様の力で噛むことが可能です。