入れ歯、ブリッヂにかわり歯科医で薦められるようになってきたインプラント、従来の治療との違いを比較するサイト『インプラント徹底比較』

●●●インプラント法●●●

【インプラントとは?】

歯を無くしてしまった所にチタンという金属でできた人工歯根を埋め込み、
その上に人工の歯をはめ込む、自分の歯に近い感覚を得られる治療法です。

【違和感】

インプラントは天然の歯と同様異物感などは全くありません。
天然の歯と同じ感覚で噛むことができるます。
歯茎や隣の歯ではなく、人工歯をあごの骨に固定する為、口の中でぐらついたり
急に外れたりすることもありません。
りんご、たくあん、せんべい、などほとんどのものはしっかりと噛むことが出来ます。

以前の自分の歯以上、健康だった頃の歯に戻ることも可能です。


【審美性】

骨の中に埋め込んだインプラントに直接人工の歯を接着剤やネジで止めるので、
入れ歯のような金属バネが見えることはありません。
人工の歯は天然の歯と遜色のない高い審美性ですので、
外観上の見た目を気にする方にも向いております。
また従来の治療法とは違って歯茎に噛む力がかかることにより、
歯茎が老いてみえることもなく、健康に保てることができます。

【口内衛生】

インプラントは天然の歯と同じように歯を生やしますので、入れ歯やブリッヂのように
下に隙間はありません。
ですから食べカスが隙間に入り込むこともなく、清潔に保つことが可能です。

日常の生活においても特別なお手入れは必要なく、普通に歯磨きをしていただけます。

【健康な歯はそのまま】

インプラントを支えるのは顎の骨ですので、残っている健康な歯はそのまま使えます。

ブリッヂのように他の歯を利用しないため、負担をかけることはありません。

【お手入れ】

健康な歯と同様、普通に歯磨きをしていただけます。

あとは歯科医のアドバイスに従って定期検診を受けていただくだけで、

半永久的に使用することが可能となります。

ブリッヂや入れ歯のように取り外して掃除する必要はないので、

普段の生活においては自分の歯と錯覚してしまうほどです。